FX・比べてメニュー
  • 比べてユーザー人気ランキング比較
  • 比べてレバレッジで比較
  • 比べてスプレッドで比較
  • 比べてスワップポイントで比較
  • 比べて取り扱いペア数で比較
  • 比べて携帯対応で比較
比べる前にFXのお勉強
  • FXってそもそも何ですか?
  • FX取引の流れ
  • FX取引のポイントとは?
  • スプレッドって何?
  • レバレッジって何?
  • 為替差益を学ぼう!
  • スワップポイントを学ぼう!
  • 円高円安を学ぼう!
  • スプレッドで取引業者を選ぶ!
  • ロスカットって何?
  • マージンコールって何?
  • 信託保全について知ろう!
  • 通貨記号を覚えよう!
FX用語集コーナー

トップページ > FX用語集コーナー

FX用語集コーナー

アウトライト
利ざやを目的として、先物予約取引や直接取引きを行い、価格の上昇又は下降によってのみ、利益を獲得する取引をすること。

アウトライト取引
直物を売ると同時に、先物を買う。又は、直物を買うと同時に先物を売る。という取引をスワップ取引といいますが、アウトライト取引は、その反対で、単なる直物や先物の取引を行なう事いいます。

アスクレート
金融商品を売ってもらうときの値段。売買の量等によって値段が異なる場合がある。

インカムゲイン
インカムゲインとは、「低金利通貨を売り、高金利通貨を買う」ことでスワップ金利収入を得る事。外国為替証拠金取引(FX)では、通貨の組み合わせによりスワップ金利は異なる。取引の特性から、より安い金利通貨を売り、より高い通貨金利を買うと利益が大きくなる。

インターバンク市場
銀行と銀行の間で取引が行われる市場のこと。外国為替市場という場合には通常、ここを指します。これに対し、銀行が顧客に対して取引を行うのが対顧客市場です。

オプション
ある商品を、ある期日までにあらかじめ決めた価格で売ったり買ったりする権利の事。この権利の売買がオプション取引である。通貨を買う権利をコールオプション、通貨を売る権利をプットオプション、権利を行使するレートを行使価格(ストライクプライス)、オプションの価格(オプション料)をプレミアムと言います。

オフバランス取引
Off balance transaction.為替銀行が行う取引のうち、バランスシート上にのらない取引のことをいう。具体的には、金利スワップ取引、通貨スワップ取引、金融先物取引などである。

為替差益
外貨を円高時に買い、円安時に売ることによって得られる利益のことです。

外貨ポジション
一国の外貨の保有状況のことをいう。広く解すれば、その国の外貨手持合計高、狭く解すれば、その国の通貨当局の保有する外貨手持合計高のこと。

カットオフタイム
通貨オプションの満期日は「どの日のどこの市場の何時まで」とあらかじめ決めておく。この最終的な締切時間を、オプションのカットオフタイムという。

基軸通貨
世界の多くの国で通用する通貨のこと。通貨の流通量が多く、通貨価格が安定しており、国際金融機関取引などで主要となる通貨のことをこのように呼びます。

キャリートレード
金利の低い通貨で借り入れ、それを売って、金利の比較的高い通貨の金融商品に投資する取引をキャリートレードと言う。

クロス取引
クロス取引とは、ドルを介さない為替取引のことで、EURクロスといえば、EURを中心とした取引、円クロスと言えば円を中心とした取引を意味している。記述は、EUR/JPY, EUR/GBPとなる。

クロスレート
通貨取引が行なわれている国において、標準外とされる通貨同士の為替レートの事を言います。為替市場での主要取引に対し、計算上算出される為替レートを指す。

差金決済
「差金」は売買の値幅の事。「差金決済」とは物品の受渡を行わず、差金計算だけで取引を終了すること 。

信用取引
証券会社に委託保証金や有価証券を担保として預け、証券会社から株券やお金を借りて、株式の売買をすること。

信託保全
信託保全とは、顧客から預かった資産を金融機関に信託して、保全すること。

スワップ金利
金利が異なる2つの通貨を売買する時に発生する金利差の事を言います。

スプレッド
スプレッドとは、売り(ビッド:bid)と買い(アスク:ask)の差額の事を言います。

スワップポイント
スワップポイントとは、2種類の通貨の金利差調整分の事で、外貨預金や外貨MMFでは金利収入に該当します。

ストップロスオーダー
保有するポジションの損失が拡大しないよう特定のレートでポジションを切るための注文。

ストップロス
相場が不利な方向へ進んだ際に、ある指値でポジションを清算して、損失を確定させる行為の事。

デリバティブ
株式、金利、為替なども金融資産・金融取引から派生して生まれた取引、または資産。金融派生商品。

ヘッジ
ある取引から生じるリスクに対して、逆サイドのリスクを持つ取引を行うことによってリスクを回避する手法のこと。

ビッドレート
外国為替レート(相場)は、市場では買いのレートと売りのレートが、このように(→105.20-22)対となって動きます。105円20銭でドルを買う、この価格をビッドレート(買値)と言います。

マージンコール
マージンコールとは、有効証拠金が一定レベルを下回ったときに、証拠金の追加を求めたり、ポジションを強制決済したりするしくみのこと。

有効証拠金
ポジションの評価は、為替相場の変動と共に変化していますので、未決済であってもポジションの評価が大きくマイナスになっていることもありますが、有効証拠金とは、預けた証拠金からこの評価上のマイナスを差し引いた金額の事を言います。

流動性リスク
市場での取引量が少ない通貨の為替ポジションを持った場合、反対取引をしたくても取引相手が見つからない場合があります。そのような市場で取引量が極端に少なくなり、取引が困難になるリスクの事を言います。

レバレッジ
テコを使って小さな力で大きな物を持ち上げるように、小さな金額で大きな金額の取引をすることを「レバレッジを効かす」という。

ロスカットコール
ロスカットコールとは、証拠金維持率が20〜30%を割り込んだ時に、強制的に反対売買を行なう仕組み。

ロールオーバー
FXでは、特に決められた決済期限はありません。ロールオーバーと呼ばれる、決済日が1日ずつ自動的に繰り延べられるしくみを取り入れることで、好きなときに決済できるようになっています。

ワイダー・バンド
変動為替相場制を採用する場合、その変動幅を従来よりもひろく上下に拡大すること。