FX・比べてメニュー
  • 比べてユーザー人気ランキング比較
  • 比べてレバレッジで比較
  • 比べてスプレッドで比較
  • 比べてスワップポイントで比較
  • 比べて取り扱いペア数で比較
  • 比べて携帯対応で比較
比べる前にFXのお勉強
  • FXってそもそも何ですか?
  • FX取引の流れ
  • FX取引のポイントとは?
  • スプレッドって何?
  • レバレッジって何?
  • 為替差益を学ぼう!
  • スワップポイントを学ぼう!
  • 円高円安を学ぼう!
  • スプレッドで取引業者を選ぶ!
  • ロスカットって何?
  • マージンコールって何?
  • 信託保全について知ろう!
  • 通貨記号を覚えよう!
FX用語集コーナー

トップページ > スプレッドでFX取業者を選ぶ!

スプレッドでFX取業者を選ぶ!

スプレッドの幅は業者によって異なります。日本円・米ドルでは、大体平均で3〜5銭が一般的です。
ここではスプレッドが3銭の場合と5銭の場合での手数料にかかってくる費用を考えてみましょう。

取引業者A・B二つの業者があったとします。
ここで業者Aのスプレッドが3銭、業者Bのスプレッドが5銭だったとします。
さらに二つとも買値・Bidレートが1ドル=100,00円であると仮定します。

ここから資金100万円で10倍のレバレッジで解説していきます。

まず、1ドルが100円ということは、100万円で1万ドルが購入できます。今回は10倍のレバレッジなので、資金100万円の10倍の1000万円分のドルを購入します。

つまり10万ドルを購入する事になります。業者Aで1000万円分のドル(10万ドル)を購入します。売値・Askレートは99,97なので、評価額は999万7千円となり、3千円がスプレッド・手数料としてマイナスとなります。 業者Bでは売値・Askレートは99,95なので、評価額は999万5千円となり、5千円がスプレッド・手数料としてマイナスとなります。

このようにスプレッドがわずか2銭違う業者Aと業者Bでは、100万円を元手に10倍のレバレッジで取引すると2千円の差が出てくるのです。 もちろん5回取引すれば、1万円の差が出てきます。 レバレッジを高く設定すればするほど、忘れがちなスプレッドにかかってくるコストも比例して高くなってきます。スプレッドを気にしないで高レバレッジで取引を繰り返していると、手数料だけで、元金があっという間に目減りしてしまう例もあります。

FXの業者を選ぶ際には、このスプレッドの狭さと売買手数料の安さが重要な要素になります。
できればスプレッドは3銭以下の業者から選びたいですね。

円高・円安を学ぼう ← スプレッドでFX取業者を選ぶ! → FXのロスカットとは?