FX・比べてメニュー
  • 比べてユーザー人気ランキング比較
  • 比べてレバレッジで比較
  • 比べてスプレッドで比較
  • 比べてスワップポイントで比較
  • 比べて取り扱いペア数で比較
  • 比べて携帯対応で比較
比べる前にFXのお勉強
  • FXってそもそも何ですか?
  • FX取引の流れ
  • FX取引のポイントとは?
  • スプレッドって何?
  • レバレッジって何?
  • 為替差益を学ぼう!
  • スワップポイントを学ぼう!
  • 円高円安を学ぼう!
  • スプレッドで取引業者を選ぶ!
  • ロスカットって何?
  • マージンコールって何?
  • 信託保全について知ろう!
  • 通貨記号を覚えよう!
FX用語集コーナー

トップページ > マージンコールとは?

FXのロスカットとは?

FX取引で、証拠金以上の損失を拡大させないために設けられているシステムのことを指します。 一般的には証拠金に対して50%以上の損失が手田場合に発生しますが、FX取引業者によって異なります。

例えば、10万円の証拠金でドル円を買ったとして、その後円高となり、損失が5万円を超えた時点でマージンコールが発生します。 その場合、前途したロスカットが起きるか、FX取引業者が証拠金の追加を要求してくるか、どちらかの対応が起こります。

マージンコールは基本FX取引業者から電話・メールで通知されます。 マージンコールが起きやすいようなレバレッジの高いFX業者を使用する場合は、安全運用の為、余裕を持った資金で取引する事をおすすめします。

FXのロスカットとは? ← マージンコールとは? → 信託保全について知ろう!